会社案内

置き畳専門店 倉崎

096-343-3333

〒860-0852 熊本県熊本市中央区薬園町6-14

【営業時間】9:00〜18:00
【定休日】日・祝祭日

lv

会社案内

会社案内

ご挨拶

畳職人の父のもとに生まれた私にとっては、自宅の作業所が遊び場で、「危ないから入るな」と父に叱られながらも、小さな頃から畳に囲まれた暮らしをしておりました。
時が経ち成長した私は、それがまるで当たり前のように父と同じ畳職人の道に進みました。
とくに意識をしていたわけではないのですが、知らぬ間に父の背中を追っていたのかもしれません。
少しでも早く先代に追いつくため、毎日畳を見て畳に触れ、畳について学びました。
父の前でも胸を張って畳職人と名乗ることができるようになった今、改めて思うのは、畳の歴史・伝統・素晴らしさ・心地よさを伝えられる者こそが本物の畳職人であるということです。
日本の伝統文化である畳の良さを伝えていくことを常に心に置いて、「置き畳専門店 倉崎」は置き畳の通販に励んでまいります。

笑顔の代表

創業明治20年から語り継がれる技

置き畳の通販を行う「置き畳専門店 倉崎」には、創業の明治20年から語り継がれている技があります。
その一つが「素材の目利き」です。
畳に使われるい草には国産と外国産のものがありますが、素材の質を自らの目で見極めることも職人にとっては大事なスキルです。
また織っていく前の段階でい草を水に浸しますが、素材によって吸水する度合いが異なりますので、い草の柔らかさを見て最高のタイミングで水から引き上げるのも、職人の腕が問われる要素です。
もう一つは「い草の癖をつかむ」ことです。
い草は曲線を描いているものがほとんどですので、職人は素早くその癖をつかみ、見栄えのいい畳を作ることが求められます。
畳業界で使われる「い筋を通す」という言葉は、いぐさを真っ直ぐに編むことを意味します。
畳の見栄えを左右する大切なところですので、当店ではとくに丁寧に作業をしています。

綺麗に折られていくい草
一級技能検定合格証書

会社概要

リビングに敷かれた置き畳

置き畳専門店 倉崎

代表者名
倉嵜 勝也
住所
熊本県熊本市中央区薬園町6-14
電話番号
096-343-3333
FAX番号
096-343-6777
営業時間
9:00〜18:00
定休日
日・祝祭日

置き畳のご相談・注文・お問い合わせはこちら

置き畳のご相談・注文・お問い合わせはこちら

熊本県熊本市中央区薬園町6-14
営業時間:9:00〜18:00 定休日:日・祝祭日

TOP